考式LOGO

Devising method to think (beta)
自己実現の道を考える為のメソッド…を、考え続ける(^-^; …きっとずっとver.βのままの、青山葵の考式ブログです。
<< マインドマップの効果・役割 | main | 情報の一次記録を考えてみる >>

マインドマッピングツール選び

最初から道具の話ばかりでナンですが…(^-^;

今回は、「マインドマッピングツール選び」です。
個人的には、マインドマップの恩恵を受けるのには「手書き」が一番良いと感じています。特に、記憶(吸収:Charge)する為に活用する部分では。手作業で紙に書いて、何度も書き直す作業の中でこそ、どんどん吸収されると思うからです。
しかし、その「何度も書き直すこと」や「記録として残すこと」のためそして「発想」する上では、PC上での作業の方が良い場合も多いのです。また、特に僕の様に漢字が苦手(笑)で書きながら文字で悩んでしまうような人には。


前置きは兎も角…MindMapをキーワードに検索すると、幾つものツールがヒットします。各ツールの特徴や価格、評価は多くの方が書いていますのそれを参考にするとして…。

どんなものでもそうですが、特にこういった道具は使い込んでみて初めて解る部分というものが多くあります。Webでの評価や製品の謳い文句、紹介者の評価も重要ですが…一番大切なのは、自分の目的を適え手に馴染むか?です。

とりあえず、殆どのソフトに「○○日間無料体験ダウンロード」が有りますので、アタリをつけた一つ一つを実際の作業の中で使って試してみるのがよいかと思います。


僕が現在使っている(評価中の)モノは、JUDE/Think!(Change Vision) です。マインドマッピングツールとしては、あまり知られては居ないのかもしれませんね。どちらかというとモデリング言語UML記載ツールのおまけ?補助ツール?と言った見え方が強く、これまでも目にする機会はそう多くは無かったかな?と言った印象です。

価格が¥3150で、FreeMind(フリー)以外のツールの中では格安なこと(笑)マインドマップツールとしては十分な機能が備わっていると感じられること。操作が解りやすいこと。比較的新しいツールでメーカーの勢いも含めた今後に期待できること(?)。コミュニティが機能していること…などなど。が選んだ理由です(まだ、無料版で評価中ですが。)

数万円のマインドマップツールに比べたら、面白みに欠けるとか、変わったことが出来ないとか、多少の不満は有りますが…個人的にマインドマッピングツールを使い始める者にとっては…シンプルで良いかな?と思います。


※「マインドマップ MindMap」の権利関係や概念のことも色々あるようで(ブザン氏のお家騒動?)、製品によっては「マインドマップ」の名を冠していないものもあるようですね。逆に、これでも?と思えるようなものにまでMindMapの文字が見られたり…

なんにせよ…良い道具に巡り会えることを願いましょう(^-^)b
道具 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://koushiki.aomix.net/trackback/340523
この記事に対するトラックバック