考式LOGO

Devising method to think (beta)
自己実現の道を考える為のメソッド…を、考え続ける(^-^; …きっとずっとver.βのままの、青山葵の考式ブログです。
<< 情報の一次記録を考えてみる | main | アファーメーション(Affirmation) >>

GTD(Getting Things Done)のステップ

個々の道具の使い方や様々な手順を考える際に、全体像を思い浮かべられたほうが良いですね。このブログ自体「思いつき順」に書いているので、つかみ所が難しかったりしますし(^-^;

ベースになる考え方は「GTD(Getting Things Done)」に近いものだと思います。それが何か?といった部分については検索していただければ、イヤになるほど?見つけられると思うのでそちらを参照していただいて。

仕事の進め方の基本的な考え方であるGTDですが、実は大袈裟に言えば「人生」や「生活」と言ったものを考える場合でも役に立つ技術・考え方だと、個人的には思っています。と言うよりも、多くの人が実践している様々な方法を、体系化して名前を与えたモノが「GTD」だと思っているから。きっと、多くのメソッドでも個々人の習慣でも…同じような事をやっていると思います。

前置きは兎も角…僕の備忘録もかねて、GDTのステップを揚げて置きますね。

GTDステップとリスト
収集
 頭の中の「気になっていること」をすべて紙に書き出す。
処理
 ぞれぞれについてシステマチックに以下のリストに仕分けする。
 ・いつかやる/きっとやるリスト(週に一度)
 ・資料リスト(必要に応じて)
 ・カレンダー/連絡待ちリスト(毎朝一回)
 ・プロジェクトリスト(随時)
 ・次に取るべき行動リスト(随時)
整理
 自分がやり易い形、方法、仕組みに組み入れる。
レビュー
 今、何が必要かをリストの確認頻度に応じて定期的に確認・見直す。
実行
 やるべきこと、やれることを実行する。

そして、それらを繰り返す事。


シンプルですよね(^-^)とは言え何事もそうですが…続ける事が大切です。

あ、そうそう。GTDは「仕事」の進め方に良いと思いますが、先に書いたように人生や日常、僕としてはそんな部分を考えるための仕組みとして活かせたらって思っています。最初に書き出す「気になっていること」は、したい事や欲しいもの…夢や望みも多く含まれていると思いますから。

大切なのは…
総てを見える形にして定期的に確認すること
…です(^-^)b
葵式GTD | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://koushiki.aomix.net/trackback/346120
この記事に対するトラックバック