考式LOGO

Devising method to think (beta)
自己実現の道を考える為のメソッド…を、考え続ける(^-^; …きっとずっとver.βのままの、青山葵の考式ブログです。
<< 必要にして充分な眠り | main | 小さな心掛けで日々変化 >>

丁寧にメモをとる

メモをとりましょう。
人はただ覚えようとするよりも書く事で記憶に刻まれるそうです。そのためにも、メモをとることは大切です。後で、そのメモを見ることが無かったとしても、書いたという事実が重要なのです。

そして、メモをとる時はできるだけ丁寧に。走り書きでも何でも書くことが大事だと言われることもありますが、個人的には何かの書類を書く場合などよりも「丁寧に」書くことが大切だと思っています。
丁寧に。動作の美しい人の箸の上げ下げの様に。職人の手先の様に。気持ちを集中してメモをとる。メモ程度なら走り書きして時間を節約してもたかが知れているでしょ?そんな節約よりも、指先に意識を集中して丁寧に書くことでこそ記憶に留まるように思います。
そうすれば書いたことを忘れ難くなって、「メモをとることで記憶に留める」のに好ましいように感じますし、文字を丁寧に書くということは、他者に対しても自分自身に対しても、より好ましい印象を与えることにも繋がりますから。

メモだからこそ、丁寧に(^-^)b

メモこそ丁寧に!
…メモは筆で書く…
なんてのも良いかもしれません(^_^A

美しい文字では有りませんが…
方法 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://koushiki.aomix.net/trackback/351907
この記事に対するトラックバック