考式LOGO

Devising method to think (beta)
自己実現の道を考える為のメソッド…を、考え続ける(^-^; …きっとずっとver.βのままの、青山葵の考式ブログです。
<< GTDの流れ(GTD/AP) | main | GTD 「処理」 >>

GTDに思う事

ところで、GTD(Getting Things Done.)は「ストレスフリーの仕事術」と言われますが、GTDの中での「仕事」とは「解決すべき総てのモノ・コト」を意味します。つまり、所謂…利益をあげる為の仕事だけではなく、人の営みの中の総ての事柄(例えば…夢を叶えるとか、人生を豊かにするとか、日常を快適に過ごすとか、趣味を伸ばすとか、家族や恋人とのこととか、映画を観に行くとか、呑み会に行く、本を読むとか…数え上げたらきりがないくらい)に適用することが出来ます。それがあえて、仕事術と言われるのは…マーケティング的な理由、つまりそう表現した方が受け容れられやすい、ニーズが多かったからなのでしょうね。。

また、ツールを選ばないということは、紙やペン・手帳・PC・サービスやアプリケーションと言った物理的な装置としてのツールだけではなく、様々な考え方や方法論などのメソッド(技術)を組み合わせることも出来るという意味に捉えて良いと思います。

例えば、リストの中身を夢や人生の目標と考えアクションをそこに繋がる行動とすれば「夢を叶える○○術」と考えることも出来ます。リストをビジュアル化(見える化)して活用することでイメージを膨らませたり意識付けを行ったりすることも出来ます。最初に総てのモノ・コトをリストアップする時にマインドマップや親和図法的な手法を活用して漏れの無い情報収集を行うこと、日常的な入力ではメモ術やノート術なども活用できそうです。それらの管理や運用にPCやインターネット上のサービスを使うことも出来ますし、手帳などの古くからのツールを活用することも出来ます。また、アファーメーションなどのポジティブシンキング手法を組み合わせることで自己実現・自己啓発の方法論とみることも出来ます。(個々の方法論が自分にあっているか?などと言う意味で、役に立つかどうかは未知数ですが。)

それらから…GTDは、これまでに身に付けた(もしくは試みた)様々な習慣や装置・技術などを組み合わせ活用するためのベースとなる概念…システムを作り上げるためのテンプレートの一つと考えることが出来そうです。

…と、言った考えの元に…GTD/AoiPersonalを進めています(^-^)
葵式GTD | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://koushiki.aomix.net/trackback/361405
この記事に対するトラックバック