考式LOGO

Devising method to think (beta)
自己実現の道を考える為のメソッド…を、考え続ける(^-^; …きっとずっとver.βのままの、青山葵の考式ブログです。
<< GTDユビキタス?その1 | main | メモをどうする? >>

GTDユビキタス?その2

A7ジャバラ手帳によるGTD/AP的 リストとメモの携帯方法

前回の記事であげた写真の手帳ですが…カバーは百円ショップで縦横2冊セットで売られていた手帳のものです(^-^; サイズはA7。これはA4サイズの8分の1の面積ですね。そして、一番重要な点が、透明なビニールのケースに入っているということです。そこに、印刷しジャバラ状に折りたたんだ、「GTDの3つのリストとinbox用のメモパッド」を挿して作った手帳で、「GTD/APユビキタス?」を実現しています。

・Inbox(MomePad)
・次のアクション(Action / ToDo)
・カレンダー(Calender / Schedule)
・連絡待ち(Waiting for / Don't forget)

手帳自体の構造は、多くの方が試されているモノを組み合わせたりしたわけですが、この方式のポイントは次の3つです。
  • A4に印刷されたものを出来るだけ少ない手間で携帯可能とすること。
  • システム手帳の様なリングなどを使ってサイズが大きくならないこと。
  • 安く簡単に手に入るもので継続的に使い続けられるモノであること。

そして、目的は一つ。
  • 常に必要な行動の為の情報と道具を持ち歩く為に。

さっそく、実際の作成の手順ですが…
PCで管理されている上の3つのリストから必要になりそうな部分(アクションと連絡待ちは最新の全て、カレンダーは向こう2か月分程度)をカットアンドペーストでA7×8ページで作成されたエクセルの書式にコピーします。勿論、裏用と表用の書式を使い分けて、A4一枚に16ページ分の印刷を行います(手帳に差し込む部分には他の情報を印刷しているので実際には12ページ分です)
その印刷された用紙をA4用紙を縦に2枚に切り、それぞれをジャバラ状に折り畳んで百均手帳のビニールカバーに差し込んで終了。基本的には参照用のシートですが、手書きで記入することも考えた文字サイズ(罫線の間隔)で作られています。
A7noteの作り方また、縦型のほうはA7サイズのメモパッドを必要に応じて追加してinbox+様々なメモ(行動記録や思いつきアイデアメモ etc..)に活用します。巷では、Rhodia#11や大判のポストイットが人気ですが、僕の場合以前はRhodiaでしたが最近はもっぱら「記念品」や「百均」のA7サイズメモを愛用しています。

A7ジャバラ手帳こういった「いつも手元におきたいリスト」を携帯電話やPDAなどを使って管理することも可能ですが、A7ジャバラ手帳も、一つの例として如何でしょうか。

どんな方法にせよ、自分のスタイルや目的にあった使いやすいツールを選ぶこと、必要とする情報を取捨選択してシンプルにまとめることの2点が肝心です。
方法 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://koushiki.aomix.net/trackback/367146
この記事に対するトラックバック