考式LOGO

Devising method to think (beta)
自己実現の道を考える為のメソッド…を、考え続ける(^-^; …きっとずっとver.βのままの、青山葵の考式ブログです。
<< メモをどうする? | main | ブラウザの使い分け >>

明日は今日とは違う自分になる

仕事は楽しいかね?

仕事は楽しいかね?RECOMMENDに並べている本の中の一冊に「仕事は楽しいかね?」というものがあります。レビュー記事を書くのはあまり得意ではないので、2、3行しか書いていませんが…最近、その一言が座右の銘(と、言ってもいいのかな?)です。とは言え、考え方や行動が変わるとか、傍から見ても気付くような大きな変化があるわけでもないのですが…次のような言葉です。

「明日は今日とは違う自分になる」

世の中の多くの方法論の中では、目標を掲げてそれに向かって日々の努力を積み重ね精進する、言葉は違っても同じ様な意味のそんなやり方が紹介されています。が、この本の中では、それらに対し多少否定的な?それらとは違う、自己実現の考え方が書かれています。読んだ時には、正直なところそんな風に日々変化するなんて無理だと思っていましたし、実際、昨日まで出来なかった特別な何かが出来るようになったとか、人に言えるような変化があったとか…そんなものが日々の中に繰り返しあるわけでもなく…。

日常の中での小さな変化

少し話が逸れてしまいますが、最近、GTD的な考え方を実行するにあたって(実際に仕事に活用しているというわけではなりませんが)兎に角「紙に書き出す」ことをすると、なんとなくやらなければならないことが見えてきます。所謂、「見える化」とか「ビジュアライズ」「可視化」といったモノですね。実際にアクションを起こすには、気合をいれるとか動機付けやきっかけを用意しなければ成らなかったりして…まだまだ不十分ですが(だから、このブログはツールに走ってしまうのかもしれません:笑)やりたいことや気になっていることをリストにし見えるようにして考えることで、小さな変化があったように思います。アクションリストに書かれているものに完了のチェックを入れていくと、(なんとなくですが)ちょっとした充実感があるような…。

何が変化するのか

普段なら紙に書き出すこともしないで「なんとなく気になっていて」、「なんとなく実行して」、「なんとなく忘れる」ような些細なことかもしれないこと。そういったことにでも意識的に取り組むことで「今日、実行した」ことで「明日には終わっている」と考えることが出来ます。見方を変えれば、「今日までの自分はその問題を抱えていたけれど明日の自分はその問題から開放されている。」と見ることが出来ると思います。それはつまり「明日は今日とは違う自分」そのものではないでしょうか?自分が「今日」行動を起こしたことでほんの少し「明日」が変わっている…表面的な変化もそうですが…もっと内面的な部分での小さな変化が。

そして、同時に様々な経験や気付きや学び・慶び・癒し・失敗も成功も…日々の小さな成果の積み重ねもまた、「明日は今日とは違う自分になる」ことを実現するのだと思います。
先ずは、そんなところから始められたら…と思いました(^-^)


難しく考えずに…

GTDにしても様々なメソッドにしてもそうですが、こんな風にして「自分なりの解釈」を加えることで、自分のものにし自分自身の自己実現につなげていけたらいいなって思います。同時に、ブログに書く事でそれを読んだ誰かが「なんだ、それでもいいんだ?」なんて感じてもらえたら、嬉しいものですね(^_-)-☆
雑談 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://koushiki.aomix.net/trackback/374077
この記事に対するトラックバック