考式LOGO

Devising method to think (beta)
自己実現の道を考える為のメソッド…を、考え続ける(^-^; …きっとずっとver.βのままの、青山葵の考式ブログです。
<< A7Z手帳 | main | A7Z手帳 つくりました >>

A5サイズを選ぶ理由

A5サイズのシステム手帳を選ぶに至った根拠…メリットとデメリットを書いておきます。

メリット
  • 当然のことですが用紙サイズが大きいので一覧性と情報量は充分です。アイデアを広げる等と言った「作業」する空間としては広いほうがいいでしょう。また、何かをスクラップするとか自分の夢や想いを留めるには紙面の広いほうが何かと都合が良いと想います。

  • A5というサイズは、A4の半分ですからA4サイズの書類を半分にするだけで活用できます。縮小コピーをとるにしてもA4用紙に2ページ分コピーするなどすれば手軽に活用できます。

  • PCとの連携が図りやすい。PCに保存されている情報を印刷して持ち運ぶ場合などですが、A4用に作成された文書の殆どがA5サイズに縮小印刷しても判読が可能ですので、無地のリフィルにプリンターでさっと出力して持ち出すなんて時に重宝します。

  • 自作のリフィルが使いやすい。上と同じ理由で、自分でリフィルをデザインする場合などにも特殊な用紙を用意したり、カットする手間が少ないので作りやすいかと思います。A5の用紙なら殆どのプリンターで紙詰まりなどの心配も無く印刷可能だと思います。

  • A5と言う比較的流通量の多い、ノート類や用紙を使うことが出来るので既成のリフィル以外のものをアイデア次第で活用できます。

  • ちょっと目立ちます。皮のしっかりした作りのものが多いと思いますので…使っていると目立ちます。それが、「仕事の出来る人」に見られるか「目立ちたがり屋」に見られるかは、持っている本人次第ですが。それによって自分自身を高められるなら、良いことなのかもしれません。


デメリット
  • 普段使いには大きく重いですね。デスク(会議室でも)使うには苦になりませんが、特に徒歩や電車での移動時にも使いたいときには明らかに向きません。そういったシチュエーションには手帳を補完する補助的なツールが必要かもしれません(そのためのツールが、僕の場合A7Z手帳です。)

  • リフィルが比較的高価です。あまりニーズが高くないのか、好んで使う人が高所得者層に多いのか(笑)それ程の流通量ではない所為か例えばバイブルサイズやB6サイズに比べて割高感があります。こちらは必要なリフィルを厳選するとか、リフィル以外のA5のノートなどを流用するとか、自分で作るとか…すれば、リーズナブルに済ませることが出来ますね。

  • ちょっと目立ちます。メリットにも同じ事を書いていますが、目立つのがイヤで人前では広げられず使えない…なんてのは、困りますね。とりあえず、目立たない色を選びましょう(^-^)ちなみに、僕のは…何枚かの写真では赤っぽいですが、茶色です。


思いつくままに書いてみました。まだまだ有りそうですが手帳は一番身近なツールになるわけですから…
自分にとって必要なメリットを活かして、デメリットは使い方やアイデアで補って
活用するのが好いですね(^-^)
道具 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

>A5の用紙なら殆どのプリンターで紙詰まりなどの心配も無く印刷可能だと思います。

経験上A5ほど詰まりやすい用紙は無いと思っています。
レーザー/インクジェット/新旧問わずです。
A5は面積と用紙厚のバランスが悪いのだと思いますが、思った以上に紙離れが悪く、複数枚いっぺんに巻き込むトラブルが非常に多いです。
| 2009/11/19 11:18 AM
コメントありがとうございます(^-^)

それぞれの環境によっても変わるのかもしれませんね。複数枚の巻き込みは…殆どの場合、静電気によるものが多いかな?って感じています。

特に(手帳に使うものではないですけれど)これからの季節の裏紙使用は…泣かせます(^-^;
青山葵 | 2009/11/19 10:09 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://koushiki.aomix.net/trackback/394113
この記事に対するトラックバック