考式LOGO

Devising method to think (beta)
自己実現の道を考える為のメソッド…を、考え続ける(^-^; …きっとずっとver.βのままの、青山葵の考式ブログです。
<< 出来ない理由は全部イイワケ? | main | 出来ない理由を見極める >>

やらない理由・やれない理由

一つ前の記事で『やりたいことやるべきこと』が『出来ない理由には2つの種類がある』と書きました。そこのところを、少しだけ具体的に説明したいと思います。

その前に、ちょっとした例を3つほど。
1・忙しくてこの仕事は出来ない。
2・やる気になれなくて出来ない。
3・金が無くて買うことが出来ない。

さて…
この三つの理由にアドバイスをしましょう(ケチを付けるともいいます)
『そんな言い訳を考えるよりとにかくやってみればいい。』
『出来ない理由を確かめるより、出来る方法を考えたら?』
『理由を言う位だから、本当はやりたくないんじゃない?』
出来ない理由
あぁ、そうだよね。確かに言うとおり。なんとか、やりようもあるよね。と、考えることも出来そうです。
が…本当にそうでしょうか?どれも、例えば「意志が弱い」とか「努力が足りない」とか「やりたくない」から出てきた理由だと考えてもいいのでしょうか?

4・つかまるのが嫌だから人を殺すことが出来ない。

これは、明らかにやってはいけないことなので…ちょっと極端すぎますが、もしかすると本人にとっては「やりたいこと・やるべきこと」なのかもしれません。コレに対してまさか、上のようなアドバイスをする人…居ませんよね?
それは兎も角、この極端な例のように本人にとっては明確に「やりたいこと・やるべきこと」であっても積極的な理由から「出来ない」結論を導き出す場合も有ります。

積極的な出来ない理由、つまり『やらない理由』です。そうではない場合にも名前を与えておきます。コレまでの話の中で「イイワケ」と受け止められるものを消極的な出来ない理由、これを『やれない理由』と呼びましょう。
出来ない理由には2種類ある
概念 | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/10/04 11:27 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://koushiki.aomix.net/trackback/726329
この記事に対するトラックバック