考式LOGO

Devising method to think (beta)
自己実現の道を考える為のメソッド…を、考え続ける(^-^; …きっとずっとver.βのままの、青山葵の考式ブログです。
<< やらない理由・やれない理由 | main | 補完しあう場所 >>

出来ない理由を見極める

前の二つの記事の簡単な結論を書いておきますね。

時にやらない理由も、ある。のです。

ひとつの価値観や方法論・精神論(全部まとめてメソッドでいいかな)を持ち込んで自分や周りの人の「出来ない理由」を解った気になってはいけません。

大切なことは、出来ない理由が『やれない理由』なのか『やらない理由』なのかをちゃんと考えること。思いつく障害が取り除けるものなのか、そうでないものなのかをしっかりと見極めることです。
出来ない理由の種類を見極める
その出来ない理由が…
やらない理由なら…
それでも『やらない理由』があるのだと自信を持って言えるのなら、胸を張って出来ないと言ってもいいと思います。いつか出来るその時まで、温めるなり保留するなり、忘れてしまうなり…すればいいのです。

やれない理由なら…
逆にそれが、『やれない理由』だとしたら…幾つかのアドバイスにしたがって、『やる理由』に変えていくことが出来るかもしれません。その『やりたいこと・やるべきこと』は、実行されることが期待されているのですから…あなた自身によって。


ただ、忘れてはいけません。前の記事にも書きましたが…
『多くの出来ない理由は…やれない理由である』場合が多いのも事実なので。。
雑談 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://koushiki.aomix.net/trackback/726358
この記事に対するトラックバック