考式LOGO

Devising method to think (beta)
自己実現の道を考える為のメソッド…を、考え続ける(^-^; …きっとずっとver.βのままの、青山葵の考式ブログです。
<< 本を纏める理由 | main | 名刺 >>

自己主張の無い名刺

最近またmixiを使うようになりました(^-^)

そんな時に考えるのが…SNSに限らず、コミュニケーションなり情報の共有を主とした「ただ発信するだけ」で無い場所では、他人に興味を持ってもらうことが重要になります(本当は、ブログなどでも重要なのですが…)。そこで、誰かに興味を持ってもらう為にプロフィールを書いたり自己アピールをするわけです。

これは、オンラインに限ったことではなく、日常生活の中でも同じですね。

特に個人で仕事をしているような場合には、仲間や客に興味を持ってもらうために自己アピールのツールを用意したり名刺を工夫したり、書いた本を紹介したり。個人でないサラリーマンのように自発的なアピールでなくとも会社名や役職・肩書きを用意します。もちろん、特別な自己アピールが必要なのはサラリーマンでも変わりませんが。プライベートであっても、特に自分の世界を広げようとするときには、そのことにどれだけ興味を持っているとか、自分には何が出来るとか…さりげなくでも、積極的にでもアピールするわけです。


ところで、人と人が繋がるのは、人の持つ様々な特性のいくつかです。それは知恵や知識だったり、雰囲気だったり、様々な意味での力、互いの役に立つ何か…言葉は悪いですが、自分にとって都合の良い要素がお互いに有って結びつくことが出来るわけです。言葉を選ぶなら(←こうするべきですね(^-^;)互いに影響しあい高めあい惹かれあい結びつくことのできる、それらの要素が繋がります。

所属や肩書きを自慢したい場合でなければ、きっと「誰かと繋がりたい部分」がアピールポイントになっているのだと思います。逆に言えば、自分のアピールは繋がる人を限定してしまう場合も有るかもしれません。もちろん、アピールしたひとつの要素から広がる部分も有ると考えられますし、アピール出来る部分が無いよりはずっと良いと思いますし、相手にとっても判断するのに必要以上の負担をかけなくて済むので好まれるでしょうし。



でも…ふと考えました。
「何も無い」ところからはじめるのはどうだろうか?と。
相手にとっては、つかみどころの無い非常に困った存在になるかもしれませんが…自己主張の無い存在というのは。

具体的には「名刺」で試してみたいのですが、所属や肩書きや主張の無い、最低限の連絡先だけ。ただそれだけの名刺。

もちろん、多少の「主張ではない工夫」は必要かとも居ますが。そんな名刺を持ち歩いてみるのはどうだろう…って、思っています。



自己アピールが大切だといわれる時代に…天邪鬼ですかね?(^-^;
道具 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://koushiki.aomix.net/trackback/740551
この記事に対するトラックバック